食道がんは早期の場合、ほとんど自覚症状がないと言われています。

 

大量の飲酒習慣のある方、喫煙習慣のある方、また働き盛りの男性(40代後半〜)は、

定期的に検診を受けることで、早期に発見できます。

食道がんは、早期発見がとても大事です。

 

 

*年に一度の定期検診だけでは不安な方、食事のとき喉や胃に違和感のある方、たべものを飲み込む時つかえた感じのする方は、当院の内視鏡専門医にご相談ください。

*8月に検査ご希望のかたは、早めにお問い合わせください。(8月は夏休みを利用しての検査希望者が多いため)当院の胃カメラ(経鼻内視鏡検査)はこちら