内科・消化器内科・経鼻内視鏡(胃カメラ)・超音波検査・生活習慣病・健康診断・予防接種・花粉症・インフルエンザ・アンチエイジング

花粉症 アレルギー検査

花粉症

以下のような症状にお困りの方はご相談ください。

*鼻水は出るが粘り気がない

*くしゃみ、鼻づまりの症状に困っている

*目のかゆみ・充血

*咳が続く(夜間早朝、就寝中の咳がひどい方がいます:気管支喘息のような症状)

*喉がイガイガする

*胸のあたりが苦しい

*アレルギー症状の悪化が心配の方

 

診察 処置 処方

 

*問診票への記入、医師からの問診、聴診(聴診器で呼吸の音を聞きます)

*患者様それぞれの体質や生活にあった処方(投薬・点眼薬・点鼻薬)を致します。

*会計時、受付にてお薬をお受け取りください。(院内処方です)

*点眼薬はコンタクトレンズ使用の方も使えます。

 

*必要な方には、ネブライザー(吸入器)処置で症状を抑えます。(当院でできます)

*気管支喘息のような症状がある方には、気管支拡張剤と抗炎症作用を持つ吸入剤を処方します。

*花粉症をきっかけに咳が続いたり胸が苦しい方は、ご相談ください。

*現在飲んでいるお薬がある方、持病がある方、妊娠中の方はご相談ください。

 

花粉症対策

1、外出時には、マスク・メガネを着用

2、表面がつるつるした上着を着用(ウール系のものは花粉が付きやすい)

3、長い髪の毛はまとめる。(帽子着用)

3、帰宅後、顔と手を洗う。

4、洗濯物を外に出さない。布団を外に干さない。

5、入浴で花粉をしっかり落としてから就寝する。

6、花粉が飛来する前(年明けくらい)から、医師に相談してお薬を飲む。(初期療法)

関東・甲信越地方の花粉情報は こちら (日本気象協会)

 

ハンノキ:1月から4月頃まで飛散します。

スギ2月中旬から増加し、4月まで飛散します。

ヒノキ3月中旬から増加し、5月連休過ぎまで飛散します。

ブタクサ、よもぎ:8月から10月に飛散します。

 

(情報)

熊谷市 HP

寄居町の花粉情報 こちら (日本気象情報)

 

くだものアレルギー

花粉症(特にシラカンバ・ヒノキアレルギーがある場合)と合わせて、くだものアレルギー(りんご・桃・メロンなど)の方も増えています。

 

*特定のくだものを食べたあとじんましんが出る

*唇や口の中がしばらくイガイガする、腫れる

*体がかゆい

*呼吸に違和感がある

などの症状(口腔アレルギー症候群)がありましたらご相談ください。

 

悪化させると生活に支障をきたすこともありますので、早めにご相談ください。

 

参考サイト:花粉症ナビ kyowakirin

 

アレルギー検査について

 

*血液検査でわかります。(数種同時に検査)

*花粉症の症状が出る時期によって、ある程度その植物は特定できます。

*食べ物については、何を食べた時に症状が出るのかを教えてください。

 

特に食べ物の場合は、何度も口にすることによってアレルギー反応が強くなりますので注意が必要です。

どの食べ物に対してアレルギーが出るのか知っておくことが大切です。(大人になって発症する人もいます)

 

*特定の食べ物でアナフィラキシーショックになったことのある人は、特に注意してください。

エピペンについては こちら

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 048-573-1197 午前9:00-12:00 午後3:00-6:00(木・土午後・日祭日除く)

休診日カレンダー

PAGETOP
Copyright © 清水内科クリニック All Rights Reserved.